LDL(悪玉コレストロール)を減らす方法

TOP 健康診断で注意を受けて初めて意識 基準値超えに驚いて食生活の改善 食事を見直したきっかけ  リンク集

LDLコレステロールを減らす方法

LDLコレステロールとは、一般的には悪玉コレステロールとも呼ばれるもので、正確には低比重リポタンパクのことを示していて、言ってしまえば体中にコレステロールを運ぶものです。

LDLそのものは躰に必須のものなのですが、増えすぎると様々な弊害をもたらしてしまうので、一般的には悪いものとされています。多すぎると動脈硬化などの病気の引き金となってしまうので、上手にこの数値を制御することが重要です。

LDLを減らすためには、食事療法が一般的です。LDLコレステロールが高い人は、特に肉類を好んで食べる人に多いとされています。この理由は肉類に含まれる脂肪酸がLDLコレステロールを増やすので、このような結果になります。

青魚に含まれる成分がLDLコレステロールを減らす効果があり、肉を魚にかえるだけで大きくLDLの数値を下げることができます。

基本的には食事療法で改善することができ、それを続けることで効果を発揮します。なので、長期の計画を立てて減らしていくことが大切です。









食生活と運動を行うことで対応しました

LDLを減らす方法として、実践した体験談となります。過去に私は会社の健康診断でLDLの数値が高いと言われたことがあります。

LDLを減らすためには、食生活と運動を行うことで対応しました。食生活は、甘いもの、辛いもの、コレステロールが高いもの、過食することを控えました。

また、できるだけ魚や野菜中心の食事をするようにしました。そして大好きなお酒を減らすようにしました。

お酒を飲む際のおつまみにも問題があったようです。そして、適度な運動を取り入れました。具体的には、毎日30分程度ジョギングするようにしました。

最初は非常に苦痛でしたが、毎日練習することで楽しく走れるようになりました。その結果、多かったLDLが大幅に改善されました。

また、体重は5キロ程度減量でき、健康的な体系を取り戻すことができました。

LDLは遺伝的なものや年齢的なものが関係してくるため、数値を改善させるのは非常に難しいですが、毎日の生活を少しずつ改善することで十分な効果が生まれます。


血液サラサラする方法を解説中です。血液サラサラにする食べ物やサプリも掲載しています。
TOP 健康診断で注意を受けて初めて意識 基準値超えに驚いて食生活の改善 食事を見直したきっかけ  リンク集
Copyright (C) 2014 LDL(悪玉コレストロール)を減らす方法 ALL Rights Reserved.